困ったときの対応方法

ガスが点かなくなったときはいくつかの原因が考えられます。

1.ガスコンロやガス機器が原因のとき

症状:

  • ガスコンロが点火しない
  • 点火しても、火が途中で消えてしまう

下記の方法をお試しください。

  1. 元栓が閉まっている可能性
    ガスコンロの元栓がしまっている元栓を開にする、開になっていても一度閉めてもう一度開にする。
  2. 障害物がある可能性
    ガスコンロや置き台の設置場所にてガスホースが折れ曲がったりしていないか確認する
  3. 電池残量不足の可能性
    電池が切れている可能性があるため、ガスコンロの電池を交換する。

上記で解決しない場合、ガスコンロの故障の可能性があるため、弊社に修理依頼のご連絡をください。

2.ガスメーターの安全機能作動が原因の場合

症状:

  • ガスコンロだけでなく、給湯器や他のガス機器も使用できない

ガスメーターの安全機能作動によりガスが遮断した可能性があります。下記のガスメーター液晶画面の表示内容をご確認の上、復帰方法をお試しください。

ガスメーターの液晶画面の確認方法

  1. ACガス止め
    長時間ガスを使用した場合に、ガスを遮断している状態
  2. BCガス止め
    ガス使用中に地震(震度5相当以上)が起きたためガスを遮断している状態
  3. BCPガス止め
    ガス配管内のガス圧が低下したためガスを遮断している状態
  4. Cガス止め
    配管の破損や、ガスが大量に流れたためガスを遮断している状態

ガスメーターの復帰方法

  1. すべてのガス器具を止める
    ガスコンロ、ガス給湯器を止めてください。
  1. 復帰ボタンを押す
    液晶表示「ガス止」が消え、「A」「B」「C」が点滅します。
    ※ 夜間は周囲が赤く光ります
  1. 30秒間待つ
    液晶に表示される秒数のカウントダウンの間にマイコンが安全を確認します。
    メーカーによっては30秒以上、1分前後待機が必要です。
  1. 「A」「B」「C」が消えるとガスは使えます
    設定によっては90秒以上かかる場合があります、ご確認ください。

3番の30秒間の安全確認中に「ガス止」が表示した場合は、口火使用のガス器具を含め器具の止め忘れがないか再点検し、やり直してください。
上記の操作をしてもガスが使えないときは、弊社までご連絡ください。

点検調査、ガス機器の使用法、不調、修理などお聞きになりたい事がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

2023.10.19更新